性行為とシリコンボールの特徴やシアリスの効果

美容整形の手術の一つに男性特有の外科手術が在ります。
これはシリコンボールと呼ばれている人工物を、男性器の皮膚の下に挿入する手術で、シリコンボールを入れる事で男性器が太くなると言った特徴が在ります。

パートナーとの性行為の中で相手を満足させたいと言う男性の欲求を満たしてくれる効果を持つ事からもシリコンボールと言う外科手術が存在しているのですが、シリコンボールを入れた事で女性器への刺激を高められるなど、パートナーとの性行為をより深いものにしたいと言う男性のための手術でもあるわけです。

尚、男性器が小さいと言うコンプレックスを持つ男性も多くいる事からも、このような美容整形手術に注目が集まっています。

但し、男性器が小さい状態でも、勃起する事で性行為自体は可能になるため、子供を作りたいと言うカップルにおいては深刻な問題にはなりませんが、これが勃起不全となった場合には深刻な問題にもなってくるのです。

シアリスは日本の厚生労働省が認可を行っている承認薬で、ED治療薬としての作用を持ちます。
他にも、バイアグラのジェネリック品やレビトラと言ったED治療薬が承認薬となっており、病院で処方を受ける事が出来ます。

シリアスには5mgと10mg、20mgの3種類が用意されていますが、これは有効成分量の違いになります。
尚、有効成分量の違いにより、作用時間が異なるのが特徴で、10mg錠剤を1つ服用するだけで20~24時間の作用が続き、20mgにおいては30~36時間と言う事からも、20mを金曜日の夜に服用した場合には、金曜日、土曜日、そして日曜日の3間の作用が続く計算になります。

また、シアリスは他のED治療薬と比較した場合、副作用が生じる可能性が在るのは全体の約3割と言われているのですが、これは作用時間が長いなどの理由からも副作用が生じる人の割合が少なくなっていると言う事です。