シアリスってすごいの?:掲載記事一覧

  • シアリスの製造会社と高血圧症の人の処方について

    シアリスはタダラフィルを有効成分とするED治療薬です。 ED治療薬と言うとバイアグラが有名ですが、現在日本国内ではバイアグラのジェネリック品、レビトラ、そしてシアリスの3種類のED治療薬の承認が在り、何れも正規品を病院で処方されるのが特徴です。 因みに、シリアスは日本新薬株式会社が製造および販売を行っているもので、種類としては5mg、10mg、20mgの3種類が用意されています。 バイアグラやレビトラなどの場合は、性行為の1時間前若しくは空腹時であれば20~30分で作用するのに対し、シアリスは性行為3時間前に服用する事で作用をすると言った特徴が在ります。 しかし、作用時間においては、バイアグラやレビトラなどでは5時間~10時間と言われているのに対し、シアリスの作用時間は20mgの場合などでは30~36時間と言われており、作用時間が長時間に及ぶのが特徴になっています。 また、作用するまでの時間が長くなる事や作用時間が長時間になるなどの理由からも、副作用が少ない、若しくは副作用が弱いなど、シアリスを選ぶ男性も少なく在りません。 因みに、勃起の状態と言うのは性的興奮を受ける、そして脳が陰茎海綿体を膨張させる指令を送り、そこに血流を送り込むと言うメカニズムが在りますが、勃起障害の男性の場合は血流が弱い、陰茎海綿体を膨らませる機能が低下している、勃起の状態を戻すための酵素が活性化しているなどの症状が在るのが特徴で、酵素を抑制させる作用がED治療薬には在り、勃起の状態にしてくれると言う特徴が在ります。 尚、シアリスは高血圧症の人は服用が難しいと言われていますが、高血圧の治療薬を処方されており、正常な状態にコントロールされている場合は処方が可能になると言われています。
  • 性行為とシリコンボールの特徴やシアリスの効果

    美容整形の手術の一つに男性特有の外科手術が在ります。 これはシリコンボールと呼ばれている人工物を、男性器の皮膚の下に挿入する手術で、シリコンボールを入れる事で男性器が太くなると言った特徴が在ります。 パートナーとの性行為の中で相手を満足させたいと言う男性の欲求を満たしてくれる効果を持つ事からもシリコンボールと言う外科手術が存在しているのですが、シリコンボールを入れた事で女性器への刺激を高められるなど、パートナーとの性行為をより深いものにしたいと言う男性のための手術でもあるわけです。 尚、男性器が小さいと言うコンプレックスを持つ男性も多くいる事からも、このような美容整形手術に注目が集まっています。 但し、男性器が小さい状態でも、勃起する事で性行為自体は可能になるため、子供を作りたいと言うカップルにおいては深刻な問題にはなりませんが、これが勃起不全となった場合には深刻な問題にもなってくるのです。 シアリスは日本の厚生労働省が認可を行っている承認薬で、ED治療薬としての作用を持ちます。 他にも、バイアグラのジェネリック品やレビトラと言ったED治療薬が承認薬となっており、病院で処方を受ける事が出来ます。 シリアスには5mgと10mg、20mgの3種類が用意されていますが、これは有効成分量の違いになります。 尚、有効成分量の違いにより、作用時間が異なるのが特徴で、10mg錠剤を1つ服用するだけで20~24時間の作用が続き、20mgにおいては30~36時間と言う事からも、20mを金曜日の夜に服用した場合には、金曜日、土曜日、そして日曜日の3間の作用が続く計算になります。 また、シアリスは他のED治療薬と比較した場合、副作用が生じる可能性が在るのは全体の約3割と言われているのですが、これは作用時間が長いなどの理由からも副作用が生じる人の割合が少なくなっていると言う事です。
  • シアリスで勃起障害を治すなら食前に飲もう

    ED治療薬はすべて食前に服用するのが好ましいと言われています。 食後に服用すると吸収率が下がるので、食前のほうがいいわけです。 シアリスに関しては食事の影響はほぼ受けないと言われていますが、皆無というわけではありません。 少しでも効果を高めるためには、空腹状態で服用するのが一番好ましいのです。 空腹時というのは胃に何もない状態ですから、シアリスの成分がそのまま吸収されます。 飲食物があるとそれらも一緒に吸収されてしまうので、薬剤の吸収性もやや落ちてしまいます。 ただ、シアリスに関してはSEXの3時間前に服用する薬ですから、ほかのED治療薬よりは影響は極めて小さいでしょう。 シアリスを服用すると、メンタル面でもよい影響を得ることができます。 勃起障害の原因として非常に多いのが、心因的な要因なのです。 これは主にストレスの影響ですが、EDや早漏などの下半身の悩みも含まれます。 EDでSEXに失敗したことが原因で、さらなる勃起障害を引き起こすことは多いのです。 SEXをしたいと脳が感じ取るとペニスが勃起しますが、そもそも興奮や快感とは脳が感じ取っているものです。 ペニスに快感が走るのではなく、脳が気持ちいいと感じ取っています。 脳が感じ取るストレスや不安・悩みなどは、ペニスにとって非常に悪いものです。 シアリスを服用すればペニスが長時間勃起した状態になりますし、興奮を覚えると即座に硬くなってくれます。 EDのコンプレックスが解消すれば、あっさりと勃起障害が治ることも多いのです。 男性はコンプレックスや不安に弱いので、ED対策としては自信の回復も必要になってきます。 心因性のEDに一番効果的なのは、SEXを成功させることなのです。
  • シアリスは緑内障に影響がない治療薬としても有名です

    勃起不全は男性の自信や沽券に関わる重大な問題です。 世界的に最も使われている世界初のED治療薬のバイアグラをはじめとして、硬い勃起が得られるレビトラ、長時間の勃起が可能なシアリスなど個性豊かなさまざまな治療薬が開発されています。 その中でも心配なのが血行をよくすることで起こる可能性があるさまざまな副作用です。 もともとバイアグラは循環器系の疾患を治療するための薬として開発された経緯があり、使用にあたっては禁忌などもあります。 一方日本でも患者数が増えているのが緑内障で潜在的な患者数は400万人で40代以上の方の20人に一人はこの病気に係るリスクがあるとも言われています。 緑内障の特徴として視野の一部が欠損して見えなくなってしまったり、視神経が凹んでしまったり眼圧の降下が見られるというものです。 緑内障は日本における失明の原因として最も高い割合のものですので、注意が必要なのです。 バイアグラなどのED治療薬は陰茎付近の血行を改善するため、血圧が低くなりがちで、そのため服用する量などをしっかり守らなければなりません。 緑内障の治療は眼圧のコントロールが大変重要なので、バイアグラやレビトラなどを使用する際には、医師の診断を受けて相談することをおすすめします。 ED治療薬の中ではシアリスが緑内障に影響がない薬として安全と言われており有名です。 シアリスの成分タダラフィルは眼圧に影響を与えないので、ED治療薬の中でも安心して服用できると言えるでしょう。 それでも念のために医師に相談して利用することをおすすめします。 きちんと受診をすることで慢性の疾患を持っていてもED治療薬を安全に使うことができるケースは多くあります。
  • 医者が処方するスタンダードなED治療薬のシアリス

    ED治療薬として世界で初めて登場したED治療薬にバイアグラがあり、バイアグラはEDで悩む人にとって正に救世主とも言えるような薬でもありました。しかし服用前後に食事をすると影響を受けやすく食事により効果を実感することが出来ない人や、糖尿病のような病気を患っている人はバイアグラで効果を感じない人もいたことは確かです。 そしてその後にバイアグラの欠点ともいえる食事の影響を受けやすい点を改良したといっても過言ではないED治療薬として登場したのがシアリスでした。シアリスは空腹時に服用することで体内へ素早く吸収させ、その後30分程度経過した後にならカロリーが低く油分の少ないをしても影響を受けにくい、とされています。もしくは同様の食事をした後、2時間程度経過した頃に服用することでも効果を実感することが出来るとされています。またバイアグラで勃起することが出来なかった人がシアリスでなら効果を実感することが出来、性交渉をすることが出来た、ということもあり、最近では医者はスタンダードなED治療薬として処方されることも多くなりました。 EDは非常にデリケートな問題です。性行為をしようとした時に勃起しない、ということは男性にとって非常に大きなダメージになります。このダメージにより更に深刻なEDになることも実は珍しくありません。そこで確かな効力を持つシアリスは患者にとっても治療をしたいと願う医者にとっても有効な薬と言え、多くの人に歓迎されています。パートナーとの性交渉はスキンシップの一環でもあり、お互いの絆を確認することのできる素晴らしい行為です。シアリスを服用することでEDを克服することが出来、自身が付くのなら良い方法と言えるでしょう。
  • シアリス体験者の口コミ|激安薬にはご用心

    シアリスを体験した人から多く寄せられる声は「自然に近い硬さになる」「効果が1日半ももつから楽」「副作用が少ない」といったことです。 シアリスは第三世代のED(勃起障害)治療薬で、従来の薬に比べて効果がマイルドに出るように抑えられています。このおかげで、効果が約36時間ももつという長時間使える薬になっています。 効果がマイルドなので副作用も少ないのがメリットです。軽度のEDの人であればシアリスを使って自然な勃起ができるでしょう。逆に、重度のEDではシアリスは物足りない可能性が高いです。 ED治療薬は、病院処方してもらえば高くつきます。シアリスの値段は1,700~2,000円程度で、これは1錠だけの値段なので、毎週使うのであれば1ヶ月で6,000円近くの出費になります。 費用のことを考えると、もっと安いところ、できれば激安のところで買いたくなるのは当然です。 ネットでは、個人輸入代行業者が激安で薬を扱っているところもあります。しかし、シアリスのジェネリック薬ではない限り、数百円で買えるような激安のものはありません。 あまりにも安すぎる場合には、偽物だったり、粗悪品だったりする危険性が高いので注意が必要です。実際、全く衛生管理されていないような工場で作られたり放置されたものや、薬の色をつけるためにバケツにペンキを入れてそこに錠剤を放り込んで偽物を製造しているところもあります。 こういった偽物や粗悪品は効果がないばかりではなく、下手をすると命に関わる危険性もあるので手を出さないようにしましょう。 個人輸入して使った薬は、何があっても自己責任になってしまいます。たとえ命を落としても文句も言えずに泣き寝入りするしかなくなるので、慎重に業者を見極めましょう。
  • シアリスとカベルタの服用の仕方について

    日本でも患者が多い勃起不全には、仕事や家庭での悩みやストレスなどが引き金となって起こる心因性勃起不全と、病気や外傷などが原因となる器質性勃起不全があります。 器質性勃起不全は、高血圧症や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が影響することが多いです。 高血圧症も高脂血症も糖尿病も、血管にダメージを与えて血液の流れを妨げます。 そして、その結果、ペニスに十分な血液が流れなくなり、勃起不全となるのです。 生殖機能に関係する前立腺は、30歳くらいまで男性ホルモンの作用によって働きますが、40歳くらいから肥大化して排尿障害など様々な症状が出てきます。 前立腺肥大症を治療すると勃起不全が改善することは、よく知られています。 シアリスは、勃起不全の治療薬として日本でも人気がありますが、シアリスの有効成分であるタダラフィルは、前立腺肥大症の治療にも使われています。 タダラフィルは、前立腺や尿道、筋肉を緩めて排尿しやすくします。 勃起不全の治療薬として、世界で初めて承認されたのがバイアグラです。 バイアグラにはジェネリック医薬品があり、世界中で販売されています。 日本でも有名なバイアグラのジェネリック医薬品が、カベルタです。 カベルタの有効成分は、シルデナフィルです。 カベルタの服用の仕方は、バイアグラと同じです。 1日あたり1錠を、性行為の1時間前に服用します。 薬の効果を最大限に発揮させるためには、空腹時の服用が大事です。 硝酸薬を服用している人は、カベルタを服用することはできません。 シアリスも1日の服用は1回で、性行為の1時間前に10mg服用します。 シリアスを服用した後、稀にめまいを起こしたり視野がかすむことがあります。 重い皮膚障害が現れた場合は、すぐに薬の服用を止め、病院で診察を受けた方がいいです。
  • シアリスはどこで購入すればよいか

    三大ED治療薬の一つであるシアリスは日本でも認可されている医薬品であるために入手しようとする場合は病院へ行って処方して貰えば簡単にい手に入れる事が出来ます。 ただ、病院で処方して貰うのは安全で確実ではあるのですが、病院へ行くのは色々と手間が掛かったり、あるいは相談するのが恥ずかしいという人もいます。 そうした人たちの中には病院へ行かずに手に入れる方法が無いのかという人もいますが、処方せん薬であるためにドラッグストアで市販品としては購入する事は出来ないです。 ただ、病院へ行かなくてもシアリスを手に入れる方法は存在していて、海外で販売されているシアリスを個人輸入で手に入れるという方法があります。 他人に販売したり譲渡する目的での輸入は認められておらず自分自身で使用する事が前提となっていますが、海外の医薬品の個人輸入は一定の範囲で認められている行為であり、シアリスも輸入可能な医薬品の一つとなっているのです。 ただ、輸入は認められているとはいってもどうやって輸入すれば良いのか分からないという人も多いですが、そのような心配をする必要はないです。 何故かというとそうした輸入の手続きを代わりに行ってくれる個人輸入代行業者が世の中には存在していて、その代行業者を経由して個人輸入すれば手続きの心配はいらないからです。 その代行業者が運営している通販サイトがネット上にはいくつか存在しているので、ネットで検索すれば簡単に見つける事も出来ます。 ただ、個人輸入でのシアリスの入手は病院へ行かなくて済むというメリットがあると同時に医薬品の輸入は自己責任となるという事も理解しておくべきです。 医薬品には副作用があるものであり、そうした事の面倒までは見てくれないのです。
  • シアリス以外のED治療薬とは何が違うのか

    基本的に、ED治療薬というのは即効性が求められる薬であるため、薬を服用してから性的な刺激や興奮があればすぐにでも勃起することが出来ることが求められています。即効性があれば持続時間が短くても性行為を楽しむことが出来ますので、シアリス以前の薬にはこうした即効性があって持続時間が比較的短いものも多かったのです。 では、ED治療薬の中には即効性のある薬しか存在しないのでしょうか。 実は、ED治療薬の中には即効性がある薬ではなく、比較的ゆるやかに効果を発揮することが出来る薬も用意されているのです。 この薬がシアリスと呼ばれており、シアリスを利用すると実に36時間にもわたってその効果を体感することが出来るのです。 シアリスは、それまでのED治療薬と違ってなるべく患者の身体に対して大きな負担をかけないことを念頭に開発されてきました。 実際に、ED治療薬の中でも副作用によって身体に生じる負担が最も小さく、副作用が生じる患者は最大でも約2割程度になっています。 シアリスは、ゆっくりと勃起することが出来るの身体に負担がかからずED治療薬の中では最も自然な形で勃起をすることが出来る薬として世界中で人気を集めています。 実際に、日本のクリニックの中でも負担の小さなシアリスしか患者に提供しないというクリニックも増えていますので、日本国内にいても薬の入手はそれほど難しくはありません。 シアリスの服用のメリットは患者自身に最も現れており、事実服用した患者の殆どが副作用を経験せずに薬を使い終えることが出来ます。 これは従来までの負担が大きく副作用が強かった薬にはなかったことですので、この点からもシアリスは他の薬とはかなり異なっていると言えるでしょう。